まつげ美容液の有効成分について

まつげが長い人は目が大きく見えます。マスカラも併用すると一層大きく見せることができるので有利です。そのためまつげ美容液を使っている人は最近とても多いです。これらによく含まれている成分は、どういった部分がまつげにいいのか見てみましょう。

まずはポリクオタニウム-51という成分です。これは生体膜(細胞の構造を構成する膜構造の総称)に似た水溶性ポリマーの保湿剤です。水溶性ポリマーとは水に溶ける性質を持つポリマーです。身近なものとしては、澱粉や寒天、ゼラチンなどです。

それらを使用した保湿剤です。高い保湿機能があり、キューティクルを改善し、ツヤツヤのまつげにしてくれる効果があります。他には化粧水や乳液にも使用されているものです。次に褐藻エキスです。

これもまつげにみずみずしさやツヤを与えてくれたり、保湿効果や血行促進作用があります。昆布などの海藻類のぬめりから得られるエキスとなっています。次にヒアルロン酸Naです。これはまつげ美容液だけでなくマスカラにも使われているもので、保湿効果に優れ角膜の傷を治すことに優れています。

そして酢酸トコフェロールです。これはビタミンEの誘導体であり、活性作用があるので肌の老化や肌あれの原因となる物質やフケ、脱毛を抑制する効果があります。アロエベラは他の化粧品にもよく使われているものです。アロエベラのヌルヌル成分「多糖体」に多くの有効成分の吸収を高め、免疫を強化するといった作用があります。

有機酸やビタミンやミネラルがしっかりとした強いまつげにしてくれます。まつげ美容液を選ぶ際にはこういったまつげを太く丈夫にしてくれ、且つ安全な成分を選ぶことが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です